<< 2010年4月20日 | main | 2010年5月30日 >>

スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010年5月-6月

さいたま市・川口市内

2010年4月に足立十二薬師霊場巡りを行ったとき
蕨の三学院で巡礼者が
足立薬師霊場は2つあってもう一つの足立薬師霊場も回る予定だ
というようなことを話しているのを小耳に挟んだことがあった。

そのときはもう一つの霊場とは何か解らなかったのだが、
ブログ 「管理人日誌」 様の薬師霊場巡礼のカテゴリー
http://news-tool.com/xoops/modules/diary/?cat=27
に尾間木地区の霊場の一覧が紹介されていたので、
期間が過ぎてしまったが、一通り回ってみた。

が、時期をはずしてしまったために、
札所の中で半数以上ある薬師堂には人の気配が無く、
本当にここが札所だったのかも疑われるほどであった。

一応、写真は撮影してあるが、データ化はまだ行っていない。
ひとまず、回った記録だけ残しておく。

-----------------------------------------------------------
2010年5月4日

この日は、午後になって家を出る。
尾久橋通りから第二産業道路を通り、
柳崎一丁目の交差点から東浦和駅方面に向かう。

12番 柳崎薬師堂 川口市柳崎5-21

普段は薬師堂ではなく柳崎町会会館として使われている。
角塔婆を立てるための穴は確認できたが、
もちろん、角塔婆はすでに無かった。

11番 西谷薬師堂 さいたま市緑区東浦和5-15-27

ここも普段は自治会館として使われている様だ。
安永5年銘の庚申塔があった。

10番 水深薬師堂 さいたま市緑区大間木349付近 自治会館近く
ここは、自治会館ではなく、隣のブロックの敷地内にお堂はあった。
ここにも元禄4年銘の庚申塔があるはずだが見落とした様だ。

1番 三室宿文殊(三宝)薬師堂 さいたま市緑区三室1956
文殊寺近く

最初、間違えて文殊寺に入ってしまうがここも
寺に隣接した自治会館であった。
軒下に角塔婆が置かれていた。
文殊寺の境内で文殊菩薩を撮影。

2番 馬場 東漸寺 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目3

3番 宿 報恩寺 さいたま市緑区三室2601-3

4番 瀬ヶ崎 東泉寺 さいたま市浦和区瀬ヶ崎2-15-3
東泉寺の南、道を挟んだ場所にある。

境内の庚申塔は以前撮影したことがあった。

この時点で5時を回り、一日で全て回るのをあきらめる。

5番 本太 金井(元町)薬師堂 さいたま市浦和区元町2丁目10

ここは、何度も来た事があったが5時を回っていたためか
門は閉ざされていた。

7番 前地 薬師堂 さいたま市浦和区前地1-7

薬師堂らしきものは見当たらず、付近をさまよう。
結局、墓地の中にある阿娑利堂と書かれた
お堂しか見あたらなかった。

6番 大谷場 法性寺 さいたま市南区南本町2-13-4

4月に薬師霊場巡りを行ったとき近くを通ったのだが、
そのとき、ここに立ち寄っていれば
この霊場も4月に回れたのかも知れない。
庚申塔群を撮影。
暗くなったので、東京に戻る。
-----------------------------------------------------------
2010年5月27日

同じく第二産業道路を移動。
中尾神社の辺りから脇に入る。
 庚申塔

9番 中丸 薬師堂 さいたま市緑区大字中尾1749
中丸自治会館
丸彫りの庚申塔があった。

札所ではないが吉祥寺に立ち寄る。

8番 坊ノ在家 薬師堂 さいたま市緑区原山4-17-22
薬師会館
庚申塔を撮影する。

この後、浦和駅方面に移動したか。

2010年6月5日

川口経由で産業道路を移動。

特番 太田窪 守光院 さいたま市南区太田窪5-11-9

に立ち寄る。
近くにあった行弘寺境内の
 庚申塔
 足立百不動尊供養塔
を見る。
(2010/1/16)


スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -
  • 10:50

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログ内検索
links
categories
sponsored links
selected entries
archives
recommend
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM