<< 2010年4月8-9日 | main | 2010年4月20日 >>

スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010年4月10日

下諏訪

18きっぷの有効期限最終日だったが、まだ2日分残っていた。
長野方面の天気は晴れとのことだったが、
下諏訪の諏訪神社下社の御柱祭も行われていたので出かけることにするが、
その前に、下戸田の薬師堂の写真を撮りに出かける。

お茶の水駅を午前11時半近い電車に乗って出発。
接続が悪く、下諏訪に着いたのは午後4時過ぎ。
木落としには間に合わないだろうと思い、春宮の前を過ぎるが
木落とし坂方面には向かわず岡谷方面に移動。
カタクリ祭の幟を見て、小萩神社に向かうことにする。
 石仏群
 社宮司神社
国道バイパスをくぐり、小萩神社に着く。
御柱祭の最中であるとは思えない落ち着いた雰囲気。
境内で子供達が遊んでいる。
一人の子供が神楽殿の舞台に上がろうとしたのだろうか。
姉と思しき子供が「カミがイカるよ!」と叱りつける。
その言い方も面白いが、叱られた子供が半べそをかきながら
片言でお詫びの言葉を話している様が面白かった。

神社からさらに上り、横川を渡る。
ここには、15年前にも来た事を思い出す。
 山の神
国道バイパスに出て、木落とし坂方面に向かうことにするが
途中、祠を見かけて立ち寄る。
 金山神社
石祠の後ろに庚申塔(青面金剛文字塔)があった。
側面に銘があって、正徳年間に曽祖父が塔を建てようとして果たせなかった
夢を、文化年間(102年後)に叶えた
という内容の事が書いてあった。

トンネルを抜けるが排気ガスがこもっていて自転車で通るのに苦労する。
木落としの会場近くまで来る。
国道を地下道でくぐり、町屋敷を通過、木落とし坂の上に出る。
6時過ぎで、荻倉集落には翌日落とす柱が置いてあり、
柱の前で記念撮影をしている人たちもいた。
坂の脇の階段を下り、注連掛に行くと、
昨日、今日と落とされた柱が並べられていて、やはり
氏子達が記念撮影していた。
下諏訪駅に出たのが7時過ぎ。
ネットカフェに泊まろうかと思ったが、フィルムを切らしていたので
東京に戻ることにする。
真夜中になって、都内に戻る。
(2010/4/27)


スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -
  • 21:47

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログ内検索
links
categories
sponsored links
selected entries
archives
recommend
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM