スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


文京区本郷森川町付近〜駒込追分

中山道分間延絵図をご覧になった方はご存知かもしれませんが
中山道分間延絵図は日本橋からではなく、本郷町屋を通過した付近、
駒込追分(本郷追分)の手前から始まっています。

分間延絵図が江戸の市中を通過する部分を描いていないのは
五街道の他の街道についても同様で、
東海道は高輪大木戸付近から、
甲州道中は四谷塩町三丁目付近から始まっています。

四谷塩町三丁目は現在の四谷三丁目交差点と四谷四丁目交差点の間で
四の大木戸の手前に当たります。

奥州道中は日光道中と重なっているので省きますが、
日光道中は浅草通りが山谷浅草町出口の木戸付近からで
これは浅草の町屋からかつての田園地帯に入る付近です。

日光道中分間延絵図は他に上野を経由する下谷通り(現金杉通り)を描いていて
こちらは箕輪町字金杉板橋(現三ノ輪橋)付近から始まっています。

このように、他の街道は江戸の町を抜けて最初の宿場に入る少し手前から
分間延絵図が始まっているのに対し、中山道は板橋宿より1里以上手前から始まっています。

ちなみに寛文図を始めとする江戸図は
江戸を品川、内藤新宿、板橋、千住の四宿まで描いているので
日本橋から四宿までは延絵図に含めなくても問題ないが
駒込追分から中山道と分かれる日光御成道についてはこの限りでないので
中山道も本郷追分から描くことにしたのかもしれません。

なぜこのようなことを気にするかというと、中山道分間延絵図は
駒込追分より先、板橋宿の入り口付近まで縮尺上の混乱があるからで、
中山道分間延絵図も板橋の手前から始めるのが本来だった気がします。
もしくは、延絵図の仕様が固まる前に追分から板橋までの部分が
試験的に作られたのかも知れません。

−−−
もっと詳しく、中山道分間延絵図がどこから始まっているか調べてみます。

駒込追分の江戸よりに「小石川道江出ル」道が描かれています。
『復元江戸情報地図』(朝日出版社)によると、対応する道は
文京区本郷5−29と本郷5−30の間の道で、駒込追分からこの道の間の距離は
数値地図上で約485m、東京美術刊の分間延絵図上で13.9cmで
縮尺約1/2860(原図の縮尺1/1733)と1分3間に近い縮尺で描かれています。

延絵図はこの手前も描いていますが、同じ縮尺で延長すると
現在の東京大学の赤門付近まで達することになり、
そうなると当然描かれるべき門や寺などが描かれていないので、
おそらく、測量はこの道の分岐点から始めたのだと思います。

とはいうものの、延絵図に対して想定している縮尺(1/3067(原図の縮尺1/1860))
と少し違いがあるので、強引ですが、
「小石川道江出ル」道が延絵図上で町屋と武家地の境界になっていることから
やはり『復元江戸情報地図』によって、本郷5丁目と6丁目の境に相当すると仮定すると、
この間の距離は455mとなので、縮尺が約1/3054(原図の縮尺1/1851)
と想定した縮尺に近い値になります。
-----
その他気づいたこと


延絵図では本郷弥生交差点の付近に森川宿の文字を、その手前に石橋を描いている。
石橋は本郷弥生交差点から1本南の路地付近に相当する。
この付近中山道の両側に水路が描かれているが、その水抜き用の石橋の様である。

追分にあった一里塚は、塚に植えられた榎が明和3年(1776)に焼け、その跡に庚申塔が建てられた。
(根津神社境内説明板による)
延絵図では一里塚はなく庚申堂を描いている。
庚申堂は現存しないが、庚申塔は近くの大円寺境内に、塞大神碑(明治時代に建てられた)は根津神社境内に移されている。

辻番を駒込追分の付近に、木戸を「小石川道江出ル」道の付近と駒込追分の近くに描いている。
辻番と木戸は、この先巣鴨村を抜けるまで頻繁に描かれており、江戸市中の警護の様子がうかがえる。

延絵図は駒込追分の近くに根津谷中道を描いている。
この道は現在の東京大学農学部構内を抜け根津権現(根津神社)方面に向っているが、
他の延絵図の脇道に比べて道幅を誇張して描いている。
この先にある白山横町や谷中道も同様だが、主要でない脇道を太く描くのは
他の延絵図や見取絵図には見られない様に思われる。
(全ての絵図に目を通したわけではないので、断言できないが)
(続く)
(2009/3/14-)


駒込追分〜板橋宿入口付近までの縮尺の特定

駒込追分〜板橋宿入口付近までの中山道は
分間延絵図の縮尺が1分3間から大きくずれている。
あまりにずれているので、この部分の縮尺はないのでは、と考えたこともあるが、
試行錯誤しているうちに縮尺らしきものを突き止めることができた。

結論から書くと、

  1. 駒込追分〜板橋宿入口の縮尺は以下の2箇所を除いて、2分9間(1分4.5間)
  2. 丸山新町(文京区白山1−25付近)〜白山上交差点間 1分6間
  3. 巣鴨下中組内(巣鴨駅付近〜豊島区巣鴨3−38付近) 2分15間(1分7.5間)
    と3つの縮尺が混在している。
    さらに、混乱を招く要因として、
    1. 中山道が千川用水を越える五反割石橋の位置が大きく(400mほど)違っている。
      こともあげられる。

      このことによって、延絵図の測量は町毎に行われ、
      縮尺に統一が取れていなかったと推測した。

      縮尺特定の作業は4年近く前に行ったのだけれど、
      CAD図以外にメモを残さなかったため、今回思い出すのに苦労した。
      ------------
      以下、経過説明


      まず駒込追分〜板橋宿入口付近も分間の縮尺で作図されていると仮定。
      特に想定した縮尺の整数分の1か整数分の2になっているとした。


      巣鴨の手前までは、『復元江戸東京情報地図』で
      脇道の分岐点がほぼ特定されているので、分岐点間の距離を測定した。


      追分の近くは曲線的に描かれているので現在の白山上交差点の近くを調べると
      浄心寺坂入口〜白山上交差点間は数値地図上約260m、絵図上約43.5mmで
      縮尺1/5977(原図1/3622)と想定した縮尺の1/2に近い値だった。


      そこで、想定した縮尺の1/2(1/6134)で出力したCAD図と比較すると
      白山上交差点の手前付近では延絵図と一致するが、鶏声ヶ窪の先ではずれが生じる。
      また、駒込追分の付近も微妙にずれている。


      鶏声ヶ窪の先、絵図で「小石川小原町江出ル」道(白山5-21と白山5-22の間の道)と
      「屋敷」道(本駒込2-9と本駒込2-10の間の道)の分岐点間の距離は
      数値地図上約315m、絵図上約67.5mmで
      縮尺1/4667(原図1/2828)と想定した縮尺の約1/1.5。


      想定した縮尺の1/1.5(1/4600)で出力したCAD図と比較すると
      鶏声ヶ窪から現在の巣鴨駅の付近までと、庚申塚の付近は延絵図とほぼ一致。
      また、駒込追分の辺りもほぼ重なるが、巣鴨駅の先でずれが生じた。


      白山上交差点の手前で縮尺が切り替わる場所と、巣鴨付近でずれが生じる場所を探す。
      すると、どちらも付近に町と町の境があることに気付く。
      前者では丸山新町が始まる付近。後者は(巣鴨)下中組の町内。
      下中組は現在中山道が山手線を越える手前から、
      高岩寺(とげ抜き地蔵)の2ブロック先(豊島区巣鴨3-38)までの区間。


      下中組の付近で縮尺を調べると約1/7660(原図1/4650)で
      これは、想定した縮尺の1/2.5になっている。


      巣鴨庚申塚から先は延絵図に描かれた脇道と『復元江戸東京情報地図』
      に載っている道が一致しないため難航した。

      最初、庚申塚の脇の大塚道・王子道と中山道が千川上水を越える五反割石橋
      (現在の堀割交差点)で位置合わせをするが途中の脇道がずれてしまう。

      仕方なく、想定した縮尺の1/1.5(1/4600)のCAD図を重ね合わせたところ、
      板橋入口の一里塚手前の野道(北区滝野川6丁目と板橋区板橋1丁目の間の道)
      付近まで距離がほぼ一致する。

      これによって、五反割石橋が堀割交差点と関係ない場所に描かれていたことが判明。
      堀割交差点は、巣鴨・滝野川村境に相当するが、
      五反割石橋はそこから板橋方面に約400mずれたところに作図されていた。

      (2009/3/15-)


      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      ブログ内検索
      links
      categories
      sponsored links
      selected entries
      archives
      recommend
      profile
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM