スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2002年4月10日

馬篭〜落合

名古屋経由の夜行で中津川の一つ先、落合川で下車。
馬篭まで中山道を通らず、並行する新道を登る。
まだ、観光客の居ない馬篭宿に着く。
地元の人が車を宿外に出すために石段に板を渡していた。

宿内を撮影。
 永昌寺
 阿弥陀堂
 五輪塔
 庚申塔
その後峠に移動。
 熊野神社 
 明治天皇御膳水碑
馬篭峠を越えて、南木曽町へ。
 一石栃観音堂(桜が咲いていた)

 茶屋跡(墓地・石垣)
ここから、遊歩道を登る。

 峠に戻り、裏山にあった薬師堂の痕跡を探すが見つからず。祠を撮る。
 峠之御頭頌徳碑
 水車塚
馬篭を通り抜け荒町へ
 石屋坂の道標
 馬篭城址
 諏訪神社
 新茶屋の一里塚
この辺りから日が差し始める。
 十国峠の石畳
 医王寺
 山中坂の馬頭観音
 滝場の道標
ここで撮影を諦め移動。
おそらく、中津川か落合川から東京に戻る。
中津川駅に到着した時点で18きっぷを落としたことに気付き
通常の切符を買って帰ったことがあるのだが、このときかも知れない。
(2007/08/13)

2002年5月4日

佐久〜長久保

始発で高崎まで。その後、長野新幹線で佐久平へ。
基本的には日が差していた。
時々曇った時間に撮影をしたと思う。

岩村田方面に出る。
この近くでバルーンフェスティバルというのをやるらしくてポスターが貼ってある。
旧道を千曲川の方に向かっていくと、気球がいくつも上がっていた。
中山道から外れるが気球が上がっている場所に行くが、
丁度、飛行を終了して着陸しようとしているところだった。

望月に入る
 元禄の道標から瓜生峠を上っていく途中にある馬頭観音(文字塔)
 その後旧国道を渡り、道がつづらになっている付近の馬頭観音
 瓜生峠を越え、望月側の長坂の途中にある石仏群
 幡龍窟とその上にある豊川稲荷
 城光院
 境内庚申塔

 青木坂の途中にある寒念仏供養塔
 巡見道道標

茂田井
 武重本家酒造

 諏訪神社
 無量寺、入口の馬頭観音
芦田
 入口付近の馬頭観音
 笠取峠松並木
 笠取峠一里塚
長久保(この時間になって曇った)
 笠取峠大坂の馬頭観音
 松尾神社
 長安寺
 観音寺
 本陣の門
長久保から大屋方面に戻る。
川にこいのぼりが渡してあった。
(2007/8/18)

2002年6月30日

佐久〜芦田

前回と同様 佐久平へ、
望月方面に行くつもりだが
まず、近くにあるものをいくつか撮影する。
(岩村田の周辺はこういう感じで撮り終えるつもりだった)

 浅間中学校内にある鞍掛石
 御嶽神社
 若宮八幡
 塚原駒形神社 (陰陽石)

望月で郷土資料館に入る。
 望月新町の馬頭観音
 豊川稲荷(再撮影)
 信永院
 城光寺(前回山門に人が居たので再撮影)
 大伴神社
 庚申塔

 中平坂の馬頭観音(近くの人と話す) 
茂田井 古峯神社
 諏訪神社
 無量寺
 神明神社
 一里塚跡
芦田 本陣跡
 ここから下り滋野に出る。
(2007/8/18)

2002年7月17日

佐久〜和田

この頃から、中山道が通過する市町村の
役場に出向いて地元の地図を買い集めるようになる。
詳しい経緯は、別の日記にまとめるつもりだが、
中山道分間延絵図と現在の地図の比較をするに当って
大縮尺の地図を入手したいと考えていた。

佐久地域の中山道周辺を扱っている大縮尺の地図はというと、
軽井沢町から佐久市内は数値地図2500(空間データ基盤)でカバーされている。
また浅科村の下原から長久保の松尾神社付近までは1980年頃に作られた
国土基本図を日本地図センターで入手していた。
あとはわずかな範囲であるが浅科村の塩名田と御馬寄付近は
詳細な地図が入手できずにいた。

国土地理院ではなく地元の自治体が国土基本図をが作成していることは知っていたので
浅科村役場に電話で問い合わせたのだが、国土基本図については村では作っていない
それ以外の大縮尺の地図については公図なら作っているとの話であった。
そこで、直接役場まで出向いて、確認することにした。

佐久平で下車。
浅科村役場へ。
塩名田付近の公図と、浅科村の村図が1/10000だったので購入する。
次に、国土基本図で存在を知った場所に行く。
浅科村の八幡宿の裏道に沿いにある石仏群
八幡と望月町百沢の間の中山道の南方にある祠
これは、つい先ほど買った浅科村図には載っていなかったが行ってみると
半分つぶれかかった神社があった。


五郎兵衛堰に寄る。

移動中に三脚を自転車のフォークにぶつけてスピードメーターのワイヤーを切る。

この日は、写真を撮るより地図の入手を優先させるつもりだった。
天気もそこそこ良かったはず。

望月の郷土資料館で絵図展をやっていたので入る。
 芦田宿東入口近くの道祖神碑
 笠取峠松並木付近の石仏3体

笠取峠を越え、長門町役場へ
1/25000の地形図を買う。
 長久保のバイパスとの合流点の近くの石仏
 和田村
 信定寺墓地の庚申塔
 八幡宮
和田村役場に行く。
以前買った石造物調査報告書に使われている地図の基になった地図について尋ねるが
村では作っていないとのこと、こちらも1/25000の地形図を購入。
(後で石造物調査報告書は森林基本図を利用したことが判明)

和田峠は越えずに大屋方面に向かい、帰路に着く。

(2007/8/18)

2002年7月20日

塩尻・長野

この日、初めて長野駅近くにあるライブラリー82を訪れる。

国会図書館の資料室に郷土資料総合目録という、
県内の郷土資料がどの図書館に収蔵されているかという目録があって
その中に国会図書館に収められていない郷土資料が多数?ある事を知っていた。

特に、石造文化財調査報告書は石仏の写真を撮りに行くのに
非常に参考になるのだが、全ての市町村で作られている訳ではない上に
作られていても国会図書館に収められていないものも存在する。

長野県内の中山道が通過する市町村に関して、
知っているところを書いみると
佐久地方は岡村知彦氏の調査報告があるのでとりあえず置いて
国会図書館に収められているのは
下諏訪町、日義村、上松町、南木曽町の調査報告書のみで
他に、軽井沢町、和田村、塩尻市、楢川村、木祖村、大桑村
が調査報告書を作成しているが国会図書館には無い。
岡谷市は石造物調査は行ったが報告書は出していない。
(現在はどうかわからないが、市役所で目録の閲覧が出来るらしい)

このうち、個人的には和田村、楢川村、大桑村のものは入手できたが
塩尻市と木祖村については、地元の図書館に閲覧に行くしかない様だった。

この他にも和田宿の本陣で見かけた「歴史の道中山道保存整備事業報告書」という本が
絶版になっていて地元で手に入れられなかった上に国会図書館にも無かったのだが、
こちらは、長野市内の「ライブラリー82」に収められていることが分かった。
ここは、八十二文化財団の図書館で八十二銀行と関係がある様だ。
そこで、機会を見てこれらの資料を見に行くことにした。

中央線で塩尻まで行く。
御茶ノ水を5時過ぎに発車する電車に乗り、9時過ぎに塩尻に着いたと思う。
そして、塩尻で下車し、次の10時発の電車が来るまでの間に、
市立図書館で本を探すつもりだったと思う。

石造物の調査報告書は地域に関して分冊になっていた。(と思う)
とりあえず、中山道が通過する地域の部分をコピーしてもらう。

駅に戻り、電車で長野に向かう。
実は、松本から篠ノ井の間を普通列車で移動するのは初めてだった。
姨捨という駅がスイッチバック式になっているのにビックリする。

長野市も、幼時に過したことはあるが、物心ついてから来るのは初めてだった。
ライブラリー82に行く。
上に書いた和田村の「歴史の道中山道保存整備事業報告書」を見つける。
他に、木祖村を始め県内の主だった石造文化財の調査報告書が収められているのを知る。
塩尻市については幸か不幸か無い様だった。

とりあえず、和田村の「歴史の道」の中山道の航空測量図、
中山道和田宿伝統的建造物群保存対策調査報告書」の和田宿の平面図、
および 木祖村の石造文化財 の中山道が通過する地区の部分
をコピーしてもらう。

その後善光寺を見に行くが、山門から少し入った所で満足して引き返す。
帰り道、参道沿いにオリジナルの万華鏡を売っている店があったので寄ってみる。
気に入ったものはあったが、ちょっと値段は高目だったので
同じ種類の万華鏡の相場を調べてみようと思った(まだ調べていない)。

塩尻経由で戻る。
長野駅前の本屋で「DNAから見た日本人」という本を買う。
移動中に読み終える。
(2007/08/20)

2002年8月

この月の前半2週に渡り、京都での研究集会に参加した。
もちろん?天気によっては撮影に行こうかと思っていたのだが
毎日天気が良くて、中山道(東海道)を撮ることがほとんど出来なかった。

以後の記録は単なる覚書に過ぎない。
(2007/8/22)

2002年8月5日

東京を始発で出て、滋賀県の草津に着く。
曇りなら、草津宿を撮影しようと思ったが晴れている。
とりあえず、中山道と関係ない写真を撮る。
研究集会の会場が龍谷大学ということで瀬田まで移動。
そこから、南へ向かう。

結構な距離を上りやっと着くが、研究集会をやっている様子はない。
大学の中を一通り回って最後に守衛に聞いてみると、
もうひとつ深草にキャンパスがあり、そちらでやっているのではないかとのこと。
時間的にそちらにいくのは間に合わないので今日は諦める。

来た道を戻り、名神高速道路の側道に入りしばらく移動。
県道にぶつかり、そちらを進むと建部神社の付近に出る。
東海道を走る。
大津の札の辻から小関越を進んだ。
小関越の頂上付近で日が暮れかかったのか
夕立が来そうだったか覚えていないが、露出アンダーの写真を撮っている。
京都に着き、吉田寮に宿泊手続きをする。
夜、三条河原で花火をやっている人たちを見る。


(2007/8/22-8/26)

2002年8月8日

膳所

研究集会の会場が深草にあったので、伏見・宇治方面に足を伸ばしていた。
この日も東大路〜伏見街道を深草まで走る。
午後になって、伏見に出、六地蔵から山科方面に移動。
そのまま、大津経由で瀬田までツーリング。
瀬田
 不動山道標
 唐橋
 御霊神社
 長徳寺
 鳥居川明治天皇記念碑
 今井兼平墓
 石仏群
 粟津神社
 石仏群

この日大津で花火大会があってごった返していた。
花火を見ようかとも思ったが、結局、花火の音を背にして京都まで戻った。

次の日に一旦東京に帰る。
帰りの電車の中でデイバックの中からカメラが落下。
その際に28mmのレンズの鏡胴が歪んだ様で、この後数年カメラの動作不良に悩まされる。
(2008/5/26)


2002年8月14日

大津・宇治

この日も晴れ。

午後吉田寮を出発。

山科経由で、大津に出る。

以前、購入した大津市の地図に関蝉丸神社背後の山中に
蝉丸大神という神社があるのが気になっていて
確認しに行く。

長等公園の付近から遊歩道を上ることが出来たが、
兜大明神という山岳信仰系の神社で
蝉丸とは直接の関係は無いようだった。


天気が曇るのを期待していたが、ずっと日が差している。
そのまま京都に戻るのも何なので、石山方面に移動。
東海道ではなく琵琶湖岸を移動した様だ。

瀬田川沿いを南下。
石山寺には寄らなかったが、
京滋バイパスの下を通った辺りから石山南郷という場所まで川から離れて移動。
そのまま、行けるかと思ったが駄目であった。

休憩を兼ねて立木観音堂に寄る。

長い参道を登り境内を一通り撮影。
警備員に話し掛けられる。
最初、市のパンフレット用の写真を撮りに来た人だと思ったらしく
今年の写真の出来は良くなかったと言われる。
ついで、坂本竜馬と新撰組の話に始まり、
電車内の携帯電話のマナーに至るまで、話を延々とされる。

天ヶ瀬ダム湖岸を走る。
中学の修学旅行の時にこの道は通った記憶がある。


宇治に着いた頃には、暗くなっていた。


宇治橋を撮って、宇治から京都まで輪行する。

(2008/12/21)

2002年9月22日

松井田町

前日、芝の知人宅で泊まりで飲む。
朝になって曇っていたので後悔。
9時過ぎに知人宅を出て一旦帰宅。

先日購入した松井田町の都市計画図白図に描かれていた
祠、石造物の場所に行ってみることにする。
横川に午後2時過ぎに着く。
 碓氷関所
 矢野沢の石仏群(草が茂っていてうまく撮れなかった)
 法光稲荷


 山王跡付近の石祠
そこから西の山の中に祠がある筈だが見つけられず。

 井戸沢の石仏群
写真を撮っていると
この石造物(文字塔)が何の石仏か判らないので彫られている文字を読んで欲しいと
隣の家の人に話しかけられる。
このとき、前日の疲れが残っていて頭が働かず、読み渋っていると
この字は「泰」ではないのかと言われますます判らなくなる。
後で撮った写真を見ると、彫ってある文字がはっきり判読できた。
「泰」ではなく「奉」造立だった。
石仏の種類を表わす文字は直接彫られていなかったが、
梵字が三文字あって、阿弥陀三尊を表わすようであった。
---------
2008/1/10 追記
石造物に彫られている文字を解読したメモが出てきたのでここに記す。
縦書きで
 右 「(山冠に有)元禄十一戊寅」
 中央 「(阿弥陀三尊の梵字)奉造立石塔信心」
 左 「二月吉祥日」

2000/5/5 撮影
---------
結果をその人に教えようかと思ったのだが、未だに教えられていない。

 滝不動とその西の石仏群


中山道を旅する人は多いが、ここにやってくる人はほとんどいないだろう。

横川から五料方面に向かう。
 百合若大臣足跡岩、そこから南に入った所にある馬頭観音

国道18号を渡り小山沢を少しさかのぼってみる。
 小山沢橋の国道沿いにある石祠
 御所平の石仏群

 梨子木の石仏群
これらは、中山道からそれほど離れていないが、普通には気づかない場所にあった。
(最新の住宅地図には記載されているかもしれない)
おそらく、高崎まで移動し、東京に戻る。

この後、3年近く中山道の写真撮影を中断する。

(2007/9/4,2008/5/22:写真追加)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログ内検索
links
categories
sponsored links
selected entries
archives
recommend
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM