スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2007年1月2日

日本橋

小伝馬町十思公園
恒例の自転車ツーリングに行く直前に寄る。

(2007/7/10)

2007年1月20日

駒込

正行寺
 本堂前の樹が落葉しているうちに撮影。
永松院
(2007/7/10,2008/2/16)

2007年1月24日

板橋

乗蓮寺(東京大仏)
調布に仕事に行く途中寄る。

(2007/7/10)

2007年3月14日

本郷・駒込

うかつにも気がつかなかったのだが、
本郷薬師の奥に青銅製の観音像があるのを発見する。
看板が出ていたのに今までそこに行こうとも思っていなかった。
曇りだったので撮影に行く。

10年前の写真を見て、駒込浄心寺の境内に庚申塔があったのを思い出し
昨年行ったときに同じ場所に無かったので
機会ある度に探していたのだが、本堂右脇に移設されていた。


(2007/7/10)

2007年3月24日

長久保・芦田・望月

JR-バス-しなの鉄道と乗り継ぎ大屋駅で下車。
長久保まで移動。
横町の枡形を撮影して東京方面に戻る形で移動。笠取峠を上る。
去年訪れたときに中山道の原道が整備されているのを知ったのだが、今回はそこを撮影。
笠取峠の頂上の井戸跡にも寄る。
峠から下る途中天気が荒れ始め、追い風も強くなる。
芦田側の峠入り口付近にある小社(伊勢社)も
ずっと気になっていたが今回初めて寄ってみる。
祠がある場所まで上ると、向う側に愛宕神社の社殿が望めた。

芦田宿内を巡る。
寺(正明寺)も13年ぶりに寄る。
寺の駐車場に駐車していた人に境内の石造物を撮っているのを訝しく思われたか。
宿の北側にある黒姫宮にも寄るが、この時点で雨がぽつぽつ降り始める。

あきらめて移動を始めるが、途中数箇所で道筋の写真を撮る。
移動中に見付けた石仏を数体撮影。
望月大伴神社内の石仏群撮り直し。
郷土資料館前の文化財撮影。
すでに雨が本格的になっていた。

中山道をはずれ望月からトンネルを抜けて、新しく出来た道を移動。
途中八幡の北にあるブラウンエッグファームの直売所があったので寄るが
つまみとして買ったおおば味噌を移動中に落とす。
佐久平に着いた時点で雨が上がっていた。
雨なら電車を使うつもりだったが、時間的に余裕がありそうだったので自走。
碓氷峠を越えて横川まで移動。
途中、峠の湯で休憩、横川発の終電で帰る。

(2007/7/10)

2007年4月1日

板橋

代々木公園の花見に行く途中に双葉町にある氷川神社に寄る。
こちらも桜が満開であった。
(2007/07/12)

2007年4月2日

追分

高崎から新幹線で軽井沢へ。
しなの鉄道に乗り換えて信濃追分で下車。
駅から北上して仮宿に出る。
来た道は抜け道になっているらしく車の通行が多い。
国道に出るが、車がひっきりなしに通る。
とりあえず、旧道で国道の拡幅工事から外れた部分を撮影。
一年ぶりの追分。
去年、撮りそびれた場所に行く。
分去れ、庚申塚、浅間神社、一里塚。
晴れてきたので帰ることにする。
そもそも、午後から仕事があったのでタイムリミットを10時に設定していた。
碓氷峠を下り、横川から戻る。

(2007/7/12)

2007年4月7日

軽井沢

午後から曇ということで昼前に横川に到着。
JRバスを使おうと思ったが、
この時期の昼前のバスは満席で自転車を載せる余裕はなさそうだった。
この際なので、自走で碓氷峠を越えることにした。

勾配は坂本の付近が一番きつく、最初遊歩道(旧中山道)の入り口まで走った時
この勾配が続くなら碓氷峠を越えるのはきついと思っていたのだが
後に軽井沢側から何度か下って、そうでもなさそうだと気付いていた。

1時間ちょっとで碓氷峠を越える。
旧軽井沢の北にある愛宕神社に行くつもりで、
軽井沢駅前の道を北に向かっていると利く方のブレーキが壊れる。
ワイヤーをレバーにつなぐ穴が破砕していた。
仕方ないので、普段使っていないもう一方のブレーキを調整するが
今ひとつ利きが悪い。

三笠神社、愛宕神社。
どちらも山の上にあって
別荘地の中を移動するだけでも急勾配で、下りは往生する。

雨が降り始める。
追分方面に行こうと思っていたがやめる。
バスに載せて下山しようとも思ったが、次の便まで2時間あったので
自走で山を降りることにする。
途中どうしてもスピードが出てしまって事故を覚悟するが、
左右のブレーキワイヤーを交換すればよいことに気付き、事無きを得る。

途中、廃線跡を撮影。
山を下っている途中で、アスファルトの上に何かが落下したような鈍い音がする。
見ると、イノシシかカモシカのような動物が路上にいて、
こちらに気付いてガードレールを越えて走り去っていった。

峠の湯に入り、横川から帰る。
(2007/7/11)

2007年4月18日

芦田・長久保・和田

この日は仕事が休みだったが天気予報が微妙で出かけるか迷う。
朝の天気予報を確認してから出たかったが、各停の始発には間に合わない。
一方、群馬県内か長野県に行くことを考えていて、
長野に行くなら高崎から新幹線を使うことを考えたが
運賃があまり変わらないことに気づき、上野から新幹線に乗ることにした。
結局、朝の天気予報は昼過ぎまで午後は雨というで出かけることにする。

軽井沢に着くと濃霧。
軽井沢の撮影はあきらめ、しなの鉄道に乗る。
もし、天気が適さなければそのまま長野まで行くつもりだったが、
小諸を過ぎた時点で霧が晴れたので、滋野で下車する。
千曲川を渡り、旧北御牧村を経由、芦田に着く。

選挙直前で選挙カーをあちこちで見かける。
街並みを撮影後、古町に移動。芦田城址。光徳寺。蓼科神社。
光徳寺門前の桜は今にも咲きそうになっていて、
車で通りがかった人達が撮影している。
話をすると、埼玉からきたフォトクラブの人たちだそうだ。
私も何かのクラブに所属しているかと訊かれるが、
そういえば、そういったものに所属したことはなかった。

ついで、津金寺に行くが、祭りで境内の植物園(自然探勝園)
を公開していて撮影はあきらめる。
時間があれば寄ってみたかった。

笠取峠を越えるが、平日のせいか交通量は少なめ。
ここからは、和田まで前回までに撮り残した場所に寄りながら移動。
上和田西山の石仏群の写真を撮っていると
軽トラックで通りがかった人がこちらをニヤニヤしながら見ていた。

さらに和田峠を目指しながら移動するが、和田村の中心を抜けた辺りから小雨になる。
男女倉から旧国道を上るがここでは雪になっていた。
途中、接待で休憩。トレーラーで水を汲みに来ている人達がいた。
一人は下諏訪の方から来たようだ。
ここで、持っていたフィルムを使い果たす。
どうせ、雪だからよいかと思ったが、頂上近く、東餅屋の建物が傾いている様は
写真に撮っておきたかった。
防寒はそれなりであったが、峠を下る時に手足が凍える。

下諏訪まで下り旦過湯に入るが、中々温まらなかった。
風呂から出て靴下をはいてみたが脱衣場の床を濡らしてしまい
常連客に注意される。
(2007/7/7)

2007年5月2日

板橋

板橋区内の撮り残しをさらうことにする。
昔買った板橋区のガイドブックを見て
行く場所を大まかに地図の上に落とす。
小豆沢の庚申塔と道標を撮った時点で日が差してきた。
もう一つ近くに石仏があったのだが見つけられず。

(2007/7/10)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ブログ内検索
links
categories
sponsored links
selected entries
archives
recommend
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM