スポンサーサイト

  • 2014.08.13 Wednesday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006年7月2日

上尾・大宮

始発で上尾へ
 谷津観音堂
 胡桃下稲荷
 氷川鍬神社(力石)
 祠 (民家内・主人と挨拶する)
国道の近くにあった神社を探すが取り壊されたのか見つけられなかった。
 八幡祠
 氷川神社
この前、加茂神社で本殿裏の彫刻が良いと聞いたので中山道から遠いが寄ってみる。
晴れてしまったので、図書館で1時間ほど過す。
 真福寺跡
 十王堂
 上 氷川神社
 龍山院
 少林寺門前
桶川
 祠×3
 庚申塔×2
町谷 庚申供養塔
上尾 馬頭
 清浄院不動堂
加茂宮
 吉祥院(庚申塔を見つけられず)
 吉祥院弥陀堂
 中山道沿いの馬頭観音
実家に戻る。
(2007/7/30)


2006年7月4日

滝野川

 八幡神社
近くに稲荷神社を見つけるが、日が差したので撮影せず
(2007/7/30)

2006年7月8日

白山
 心光寺
 白山神社
 蓮久寺
 円乗寺(八百屋お七の墓)
(2007/7/30)

2006年7月12日

板橋

調布に行く途中に撮影。
 文殊院
 氷川神社
蓮沼 南蔵院 参道脇の石仏
赤塚 郷土資料館(新藤楼玄関)
乗蓮寺(東京大仏)
これまで何度か寄っているが、晴れてしまったり、人が多かったりして
(再)撮影したのは初めて。
少し日が差して、境内の石仏が逆光になった。
(2007/7/30)

2006年7月16日

神田・巣鴨・板橋

神田 両社神社
 福田神社
 柳森神社
 神田明神(末社)
巣鴨 大鳥神社
 真性寺
 延命地蔵

北区滝野川
 千川用水碑
 重吉稲荷(滝野川6-76)
 近藤勇の墓(滝野川7-8)
板橋区板橋
 竹の杖明神
板橋区大和町
 日曜寺
(2007/7/30)

2006年7月25日

岩村田

長野に森林基本図を受け取りに行く。
18きっぷで横川→JRバスで軽井沢→しなの鉄道で長野
用事を済ませたのが12時前、当日佐久が曇りということだったので
新幹線で佐久平まで移動。(18きっぷの時期にはあるまじき行為だが)
 虚空蔵(塚)
 左口神曲口神社

 西宮神社
佐久甲州街道に入る
 道祖神
 上の段城址
小学校の下校時間と重なる。
 藤代神社

岩村田城址の碑を撮ろうと思ったが
中学生と思しき子供達が遊んでいる。
そのうちの一人が人払いをしてくれたのだが、言い方に問題がある。

「そんな所にいて、知らない人の写真に写ってしまったら、
ネットでこの人誰ですかって質問されて
身元がバレてしまったら、お仕舞なんだからね」

多分、親か兄弟に吹き込まれたのを、そのまま信じ込んでいるのだろうが、
裏を返せばこちらが不審人物だ言っている訳なので、気分がいいものではない。

 鼻面稲荷・大神宮

あと数枚のところで日が差してしまう。少し待つが諦めて移動。
 王城公園(大井城址)

日がたまにかげるので、タイミングを見計らって撮影。
あまりに暑いので水をペットボトルに注いで頭から浴びる。
東京に引き返そうかとも思うが、また曇ってくる。 
 神明・三宝荒神
 白山神社
 鼻面稲荷
岩村田より、小海線経由で帰る。
(2007/7/31)

2006年7月29日

岩村田・小田井・追分

高崎から新幹線で佐久平へ
岩村田から軽井沢方面へ戻る形で道筋の写真を撮る。
 龍雲寺(山門)
 行人塚墓地
 道筋にある馬頭観音
 石祠
分間延絵図で社宮司にあたる場所にあるが、関係無い様だ。
 鵜縄沢一里塚
 鵜縄沢付近の旧道跡
 皎月古墳
 石仏群
 白山神社
 小田井下宿公民館前の石仏
 天王社・近くの石祠
 小田井 大日堂跡の石仏群
昼過ぎ。この時点で雨が降り始める。
 高札場跡
 筆塚
 諏訪長倉神社
今度は雨が止んで日が差し始める。
 宝珠院
日がかげる時間を狙って写真を撮るがとうとう雲が無くなってしまった。
仕方ないので小田井宿内のバス停で休む。
祭りのポスターが貼ってあった。
御代田駅近くで竜神祭りというのが今日行われているらしい。
小1時間休む。また、雲が出始める。
 小田井の古い家
 久保沢近くにある祠
 筆塚
 小田井城址
近くで馬が飼われていた
小田井の馬 
 天王社跡の石仏群
 飯玉神社
 大日堂跡の道祖神(西部地区研修施設入口)
 荒町の道沿いの石仏群

御代田駅に着くと先ほどポスターで見た竜神祭りというのをやっていた。
担いでいる龍が妙に新しいのが気になる。
御代田町真楽寺の大沼池の『甲賀三郎伝説』を基に20年前から続いているらしい。
地元の若い衆が騒げる祭りということなのだろう。
一時間ほど見学。

午後5時半過ぎに軽井沢方面に移動始める。
 御影用水上堰付近の道筋
そのまま碓氷峠を下る。
高崎に泊って翌日も長野に行こうと思ったが、空を見ると雲が切れて星が見えている。
梅雨明けを直感し、東京に戻る。

(2007/7/31)

2006年8月2日

大宮・浦和

午前5時にさいたま新都心で下車。
 駅のホームから高台橋が見えるので撮る。

 旧大宮市境付近から北浦和までの道筋
元太の氷川神社を訪れる。
参拝に来ていた老婦人と話をする。
そのまま、家まで自走。
(2007/7/31)

2006年8月12日

大宮〜鴻巣

始発で大宮へ
午前5時過ぎ、駅前に夜を明かした人がたむろしている。
今回は、大宮上尾間の道筋の写真を撮ることにしていた。
早朝の散歩をしている人もいたが何とか上尾まで終了。
さらに、桶川方面に進む。
 桶川 浄念寺
 稲荷神社
 大雲寺
 松山道道標
 北本市内 稲荷(二ツ家公会堂)
 子育観音堂
 原馬室一里塚
鴻巣市内
 小松原神社

大日堂
 日枝神社
 鴻巣宿内の祠
 
鴻巣より戻る
(2007/8/1)

2006年8月27日

御代田

先月の続きのつもりで、高崎から新幹線で軽井沢、ついで御代田駅で下車。
駅近くの街道筋を撮影後、北に向かう。
予報では曇りだったが日が差してくる。
 大山神社

 御代田一里塚
この時点で完全に晴れ。当てが外れる。
(後でネットを見たがこの時間帯は曇りということになっていた。
何を以って曇りというのか議論が分かれるかも知れないが)

日がかげる様子もないので引き返すことにする。
碓氷峠を越えると群馬県側は曇っていた。
しまった、最初から群馬を走っていれば・・・・・・と思う。
峠を下る途中、廃線跡に何箇所か立ち寄って写真を撮る。


横川から上野に戻る。
家に帰らずに浅草へ、
知り合いがサンバカーニバルに参加しているというので探すが
見つけることが出来なかった。
家に戻り、もう一箇所出かける所があったので準備をしていて
ふと、ズボンの裾をまくると畳の上に何かが転がり落ちた。
見ると、靴下の上から血を吸って、まるまる太ったヒルであった。

心当りとしては、廃線跡の写真を撮ったときに草むらの中に入ったので
そのときについたのであろうが、それから4、5時間気がつかずにいた。
---------------
それからしばらくの間、
靴下を介してだったのが幸いしたか
これといった症状も出ず(ちょっと痒みはあったが)
血を吸われたほうの足が調子よく感じた。

(2007/8/1)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ブログ内検索
links
categories
sponsored links
selected entries
archives
recommend
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM